お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル・ライフ・サポート

  • 泉区和泉が丘・アニマル・ライフ・サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル・ライフ・サポート・メニュー

猫ちゃんの尿道閉塞について

2018.02.27(火)

少しずつ暖かくなってきましたね。

寒暖差で体調を崩されませんようご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日猫ちゃんの腎臓病のお話をしましたが、今回は猫ちゃんの尿道閉塞についてです。

 

尿道閉塞とは、何らかの理由で尿道が詰まり、尿が出辛いもしくは出なくなる状態です。

この病気もわんちゃんにも起こうる病気です。

オスの猫ちゃんに多く、原因としては尿道栓、結石、膀胱炎、尿道の腫瘍等が考えられます。

症状としては頻尿、血尿、元気食欲の低下、嘔吐が見られます。

ソワソワと落ち着きがなくなり、何度もトイレにいっては尿を出そうとします。

部分的に尿道が閉塞している場合は、少量の尿がポタポタと垂れ、完全に閉塞している場合は尿がまったく排泄されなくなってしまいます。

長い時間尿が出ないと体内の毒素が排泄できず、急性腎障害や尿毒症といった命に関わる状態になってしまうこともあります。

 

この病気になると、尿道閉塞を解除するための緊急処置が必要となります。

処置が遅れると命に関わる可能性があるため、もし症状に気づいたら早めに病院へいらして下さい。