お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル・ライフ・サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル・ライフ・サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル・ライフ・サポート・メニュー

2018.05.02(水)

だんだん温かい季節になってきましたね。気温が上がると活発になってくるのがノミです。ノミは犬、猫だけでなく人にも寄生します。今回はノミが吸血した時に注入された唾液がアレルゲンとなり、アレルギー症状を引き起こす、ノミアレルギー性皮膚炎についてお話します。

 

ノミアレルギー性皮膚炎はノミの唾液により強い痒みを引き起こす皮膚病です。特に腰や尾の辺りにブツブツとした丘疹ができます。そこを掻いたり舐めたりして状態が悪化し、急性の湿疹を起こす場合もあります。このような皮膚の病変や、体にノミやノミの糞が認められた場合には治療が必要になります。症状に合わせて治療を行いますが、一番大切なのがノミの駆除です。寄生したノミだけでなく、飼育環境中の駆除(掃除機をかける、棚下などに虫の駆除スプレーを噴霧するなど)が大切になります。治療によって症状の改善が得られやすい病気ですが、再度ノミが寄生すると再発しますので、そうならないためにも予防が大切になります。

最近では温暖化の影響や住宅の気密性の向上もあり、寒い時期でもノミが活動するケースが増えてきています。そのため、万が一に備えて予防は一年を通してして行うことが望ましいです。様々な予防薬がありますので、ライフスタイルに合ったものを使用してください。もしも迷われた場合にはスタッフにお気軽にご相談して下さい。