お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2020.04.24(金)

※混合ワクチン接種、トリミングについて追記があります(4/11)。

先日、ついに緊急事態宣言が発出されました。

新型コロナウィルス感染拡大を受けてご家族の一員であるペットへの獣医療従事者としての使命

及び 飼い主様、スタッフへの感染リスク軽減に対し、ギリギリのバランスを考慮した上で

まずは4/14より3週間を目安に 以下の通りに対応させていただきます。(期間は延長する可能性があります。現時点では5/12以降の予約はできません。)

 

診察対象は 完全予約制とし、基本的には 症状のある方 重症の方 緊急を要する方を優先 とさせて頂きます。

 

 

問い合わせの電話が非常に多くなっており、繋がりにくくなっております。スタッフが医療業務に専念できるよう、ぜひともインターネットからご予約いただくようお願い申し上げます。

 

併せて来院時のお願い

・来院される際の付き添い人数は最低限とさせて頂き、診察室へは原則1名様での入室をお願い致します。またその際にはマスクの着用をお願い致します。

来院された際は受付のアルコールスプレーにて手指の消毒を推奨します。

・発熱・咳 等 風症状のある方は来院をご遠慮ください。

・院内では距離を保つため座席数を制限させて頂いております。診察までは車でお待ち下さい。外待合にも座席数を増やしておりますのでどうぞご利用ください。

・対策期間中はお電話での受付が可能になります。駐車場につきましたらお電話で受付を済ませて頂き、順番が参りましたらお電話にて診察室にご案内いたします。

・期間中は面会もご遠慮いただくか、最低限の人数をお願い致します。

 

軽症の方について

・電話でご相談いただいたのち、お薬・お食事のみを処方することも可能です。

・郵送の場合、郵送代が別途かかります。またスタッフ数の減数に伴いお時間がかかる可能性があります。予めご了承ください。

 

狂犬病予防接種について

・狂犬病予防接種は、年間を通して接種・手続きすることができます。

・社会情勢が落ち着いてからの接種をお勧め致します。

 

混合ワクチン接種について

・当院では成犬・成猫の混合ワクチン接種をもとより3年ごとにさせて頂いております。この接種期間にはある程度の猶予があるため、この3週間のうちに予定の日がきても慌てて接種して頂く必要はございません。社会情勢に合わせての接種をお勧めします。

 

フィラリア検査・予防について

・フィラリア予防に関しましては4月下旬~5月上旬からの予防をお勧めしておりますので、急いで検査をしていただく必要はございません。

・またご希望の方に限り、去年のフィラリアシーズン(4-12月)中に最低7か月間予防が出来ている場合にはフィラリア感染の可能性は限りなく低いと考え、検査なしでの予防薬処方を行います(特別措置)。

・念のため午前中に投与頂き、投与後はよく様子を見てあげてください。

・状況が落ち着き次第のフィラリア検査および健康診断も可能です。

・郵送の場合、郵送代が別途かかります。またスタッフ数の減数に伴いお時間がかかる可能性があります。予めご了承ください。

 

引き続きのお薬について

・お電話にてご相談いただき 獣医師の判断のもと処方することも可能です。

現在、アニコム損保、アイペットをお使いの方は郵送やお薬のみの処方でも保険が適用されます。

・郵送の場合、郵送代が別途かかります。またスタッフ数の減数に伴いお時間がかかる可能性があります。予めご了承ください。

・窓口にてお受け取りになりたい方は、あらかじめお電話ください。ご用意してお待ちしております。

 

トリミングについて

・該当期間中はトリミング数を限らせて頂いているため、可能な方は延期もしくは中止をお勧め致しております。また緊急を要さない限り、爪切り、肛門嚢絞り、部分カットなども延期をして頂くようお願い申し上げます。治療を兼ねている場合(例:爪が刺さってしまっている)、生活の質を損ねている場合(例:肛門嚢を気にしてこすっている)などございましたら、予約ページよりご予約をお取り下さい。

・また5月のトリミングの御予約は、新規・継続に関わらず現在お断りしております。予めご了承ください。

 

処方食をお求めの方

・4/30まで郵送料無料の 動物ナビを ご利用ください。

 

院内の取り組み

・院内は常に強制換気をし、玄関及び診察室のドアノブ・受付の床・座席・カウンターを適宜消毒しております。

・待合室の座席数を減らし、患者様同士の密集を防ぎます。

・さらにスタッフの検温とマスクの装着を義務化し実施しております。

 

動物の医療は、わんちゃん・ねこちゃんたちの命を守るために休むことのできない重要な仕事だと捉え、そのために患者さんの大切なご家族とスタッフの安全を確保することが急務と考えております。

スタッフ数の減少、電話応対やその他の業務の増加などに伴い、患者様にもご協力いただく場面が多々あるかと存じますが、皆さまどうぞご理解のほどを宜しくお願い申し上げます。

皆さまの健康をお祈り申し上げます。