お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2020.08.13(木)

まだまだコロナの猛威は収まりそうになく、外出自粛、テレワーク、イベントごとの中止などが続き、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。

人はストレスを感じると体に様々な不調をきたしますが、多くの方はお腹を壊して、下痢になってしまうのではないでしょうか。

外出自粛が求められる中、家の中でストレス発散できることをこの機会に見つけるのもいいかもしれませんね。

さて、それではワンちゃん、ネコちゃんはどういったときに下痢をするのでしょうか。

ワンちゃん、ネコちゃんが下痢になる原因は極めて多く、軽症で済むものから重い病気の症状として現れるものまで様々です。

そのため下痢をしたという情報だけでは私たち獣医師も何が原因なのかわかりません。そこで重要なのが飼い主様から得られる情報です。

うんちの様子、量や回数はどうであるか、血は混じっているのか、しぶり(うんちをしようとするが出ない様子)、体重の変化、元気食欲はあるかなどの情報が得られると診断がつきやすくなります。

また病院では身体検査を行い、必要に応じて、糞便検査、血液検査、内視鏡検査などを行います。

下痢の多くは軽傷で済みますが、中には重症なものもありますので、おうちのワンちゃん、ネコちゃんが下痢をしていたら、まずは病院にいらしてくださいね。

2020.08.09(日)

先日、千葉県富津市にあるイタリアングレーハウンド専門、DOX FIELDさんのSouthern Valley におうかがいする機会がありました。
ここは、イタグレ専門のドッグランや宿泊用のトレーラーハウスなどを備えた会員制、登録制の施設です。
「広いフィールドで思いっきりイタグレを走り回らせてあげたい!」というオーナー様一家の熱い思いを具現化するために、10年ほど前から2万坪という広大な山林を開拓してこの施設を作られたそうです。

 

日本とは思えない広大なスケールとスマートなデザイン。沢山のトレーラーハウス

 

広々とした芝生のドッグラン

思いっきり走り回れて満足顔!       イベントスペース

 

 

オーナーの波多野竜太郎・瑞季さん

イタグレの飼い主さんは是非「DOX FIELD Southern Valley 」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2020.08.06(木)

ロッキングプレート法
小型犬の前脚骨折(とう尺骨骨折)

近年、超小型~小型犬用に「ロッキングプレート法」の器具が開発され従来型の手術法の欠点が改善されてきています。
トイ種(プードルやチワワなど)の前脚の骨はちょうど「割りばし一本分」位。

厚さ3mm幅は5mm前後なので特に成長期(1歳以下)にはソファからの飛び降り程度でも前肢を骨折してしまう事故が多いです。

この部分の骨折は「ギプスだけををして安静」ではなかなか良い結果にはなりません。

従来の手術法(DCPプレート、ピンニング、創外固定など)でも術後の合併症や癒合不全などの問題が指摘されていました。

しかし、近年「ロッキングプレート法」という新しいタイプの器具器具(シンセス社 1.5mmロッキングプレートとスクリュー)と概念が開発され好成績をおさめるようになってきました。

そのポイントは

①ロッキングプレート(板)はプレートとスクリュー(ネジ)がネジ山で固定されるので強固な支持力を発揮する。

②骨折部位から少し離してスクリューを入れることでロッキングプレートの「しなり」による骨治癒促進効果。

にあります。

当院の整形外科の有用な一つのアイテムです。

新しい技術を学ぶ講義と実習をしっかり受講

シンセス社 1.5mmロッキングプレートとスクリュー

手術前

橈骨尺骨骨折

手術後

早く良くなるとイイね!

2020.08.04(火)

かわいいチャトラの兄弟が優しい里親さんを募集しています。

 

ご面会いただけます。お声がけください。

 

 

2020.08.01(土)

今年の梅雨は 本当に雨ばかりですね。

体の不調を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

かぁ!!っと 暑い夏もげっそりですが ジメジメ シトシト が

ここまで続くと 恋しくなってきます。

 

 

 

さて、表題のとおり 当院の入り口ドアの工事が間もなく始まります。

診察時間内での工事になりますので皆様にはご不便等お掛けすると思いますが

どうぞご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

工事予定日

8/5(水) 7(金) 11(火) 12(水)

9:00~17:00

 

★お気を付けいただきたい点★

 

作業中の音が予想されます。

出入り口ドアが開いたままになることがあります。

 

 

ワンちゃんねこちゃんが 驚いて外へ飛び出してしまう事があります。

わんちゃんは、リードにきちんとつなぎ離さない

ねこちゃんは、キャリーバッグ・ケージに入れる

 

上記を いつも以上に徹底してお気を付けください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 27