お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2019.08.23(金)

毎日暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、髪型を人生初のショートカットにし幾分か涼しく感じていたところ、院長には開口一番失恋を疑われました・・・。

そんなことはさておき、前回便秘のお話がでましたが、今回は猫のおしっこについてお話します。

 

猫の泌尿器症状を示す膀胱や尿道の病気を総称して、猫の下部尿路疾患といいます。その原因は結石症や感染症など様々ですが、その多くは原因のよく分からない特発性膀胱炎によります。

膀胱炎になると、血尿や頻尿、失禁、排尿時間の延長、排尿痛、不適切な場所での排尿などの症状がみられます。特発性膀胱炎は結石症や感染症、その他の膀胱炎を起こす原因になる疾患を除外することで診断します。

原因がよく分からないため特発性といわれていますが、特発性膀胱炎にはストレスが関与しているといわれています。

猫にとってトイレの環境はストレスになりうるので、快適なトイレを作ることも治療のひとつになります。また、飼い主さんや同居の動物との関係性などもストレスの原因となります。

 

治療法

○環境改善

・猫にとって快適なトイレ環境をつくる

・トイレの数:猫の頭数+1個

・置き場所:静かでスペースのある場所(トイレへ行くまでの経路にも猫にとって邪魔な物や人、動物がいないこと)

・形状:猫の体長の1.5倍の大きさ

・猫砂:粒の細かさや重さなど猫により好みがある

・清潔に保つ

☆タイプの異なるトイレを並べて、猫ちゃんの好みのトイレをみつけていく

・プライバシーの確保:安心できる食事場所、休息場所、十分な遊び時間

○処方食

○水分摂取:ウエットフードに変更する

○鎮痛薬:排尿時に痛みがある場合に使用

○サプリメント:気持ちを落ち着けるようなサプリメントやお薬

 

ご自宅の猫に頻尿や血尿などの症状だけでなく、トイレ以外での排尿などにお困りでしたら一度ご相談にいらして下さい。

2019.08.07(水)

先日、迷子のお知らせをしたグレちゃんですが、無事に見つかり飼い主さんの元に帰ることが出来ました。

ご協力ありがとうございました。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

7月29日(月)の朝

当院にかかっている「並木グレちゃん」が自宅から出て迷子になってしまい、

長後街道方面へ向かってしまったようです。

 

些細な情報でも構いませんので何かございましたら、お手数ですが当院までご連絡ください。

 

グレちゃんの特徴

・毛色:グレーでとてもふわふわ

・性別:男の子(去勢済)

・迷子になった際に身に着けていたもの:無し

 

 

 

よろしくお願い致します。

2019.07.30(火)

これから暑い夏がやってきますね。

今日はホテルでお預かり中のわんちゃんやねこちゃん達がどのように過ごしてるのかご紹介します!

 

まずはお部屋をきれいにお掃除します。

お掃除している間、わんちゃんは病院の裏にあるドッグランでお散歩をします。

お散歩が終わったら次は朝ご飯の時間です!

「ごはんだよ~」

「わーい!」

 

病院にもごはんはありますが、処方食を食べている子や処方薬のある子はそれらをご持参ください。

 

「おひるねの時間にゃ~」

 

夕方になったらまたお掃除とお散歩の時間です。

お散歩が終わったらみんなお待ちかねの夜ご飯の時間です!

 

ご飯を食べ終わったらまんぷくまんぷく~!

おやすみなさ~い!

 

ホテル中の健康管理はこの管理表で行っています。

お帰りの際にお渡ししています。

 

夏休みやお盆の時期はホテルが大変込み合っています。

(ホテルの空きによってはお断りさせていただくことがあります)

ホテルをご希望の方はお早めに電話などで予約をお取りください。

 

 

2019.07.17(水)

終生 可愛がってくれる 里親さんを 募集しています!!

3匹 ともに 4月生まれ

1回目ワクチン済  駆虫済  ウィルス検査済(陰性♡)

トイレも覚えました!!

 

 

フレンドリーな男の子

真っ白きれいな男の子

とっても美人の女の子

 

 

素敵な飼い主さんを 首を長~くして待っています!!

詳しくはスタッフまで。

2019.07.07(日)

東京オリンピックも来年7月開幕と残すところ1年となり世間の活気も高まっていますね。

個人的には抽選にハズれ悔しさで暗黒面へ落ちそうですが、喝を入れキレキレと仕事しております。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

気温も徐々に上がり夏のお便りも届く時期になりつつありますが、体からのお便りと言えば、そう、ウンチのことです。これはウンチは体の状態を表しているという、先人の知恵であります。また、便りがないのは良い知らせという言葉もありますが、ウンチに関しては決してそうではありません。ということで今回はワンちゃんネコちゃんの便秘についてお話します。

 

便秘は何日とも排便がない、排便するが量が少ない、トイレで踏ん張るが何も出ないといった状態のことです。何日間排便がなければ便秘であるかという明確な規定はなくその子によりますが、以前に比べて排便の頻度や量が減っていれば該当するかもしれません。いずれにせよ、ウンチの「出口」である肛門への一本道が渋滞しており通行止めの状態であると、「入口」である口から食べ物が入っていかないため食欲が落ちたり、また食べたとしてもその後に吐いてしまったり、さらには体重減少などの症状につながっていきます。このため便秘が習慣化、長期化している子の方が問題は大きくなります。

便秘の原因はいろいろあります。

  • 肛門へのウンチの通過が物理的に妨げられている状態
  • 自律神経が正常に働かないことによって、腸の運動機能が損なわれウンチが腸内でたまってしまっている状態
  • ウンチをするときにどこかしら痛みが生じている状態
  • トイレが汚れている、居住環境の変化などのストレスがある状態
  • 食事内容に食物線維が少なく便通が悪い状態
  • 全身性の内臓の病気がある状態
  • 原因がわからないもの (例;猫の特発性巨大結腸症)      など

通常、便秘には根本的な原因があり二次的に生じている場合が多いため、原因の除去/緩和に努めることが重要となります(例;高齢猫での腎臓病に伴う脱水症により、便が硬くなり便秘となるケース)。また、原因が何であれ現在起きている便秘を解決しなければなりません。

 

便秘の治療にもいくつかの方法があります。

  • 排便処置…お腹をマッサージしながら肛門付近で硬くなったウンチを手を用いて出します。また、肛門からチューブを挿入して浣腸液を注入し、硬くなって出にくいウンチをやわらかく出しやすくする処置をすることもあります。これらは基本的に病院で行います。
  • 薬物治療…内服薬によって腸の働きを促したり、ウンチをやわらかくしたりして排便を促進させます。作用によっていくつかの種類があります。
  • 食事療法…便通が良くなる食物線維を含んだ食事が勧められます。現在では昆布やわかめなどのヌルヌル成分(可溶性線維)を豊富に含んだ特別療法食が販売されており、便秘の治療または予防に非常に有効な手段となっています。

以上、簡単な便秘のお話でしたが、ウンチはペット達から飼い主様へのお便りでもあります。ウンチが少なくてトイレ掃除が楽でラッキー!などとは思わずに、心当たりのある飼い主様は気軽に当院スタッフへご相談ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 18