お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2019.06.18(火)

晴れているかと思いきや突然の雨でジメジメ…

天気や気温が不安定だと体調を崩しやすくなりがちです。

そんな今日は熱中症についてお話します。

人と違い犬と猫は体に汗をかきません。

真夏はもちろん気温が高いため注意が必要ですが、特に気を付けて欲しいのは湿度が高く暑さに慣れていない今の時期です。

 

犬の場合、足の裏の肉球に汗をかいたり、舌を出してハアハア呼吸をして体温調節をしています。

鼻が長い子よりも短い子のほうが呼吸し辛いため体の熱をうまく逃がすことが出来ず、熱中症のリスクが高まります。

また毛量が多い子も注意が必要です。

こまめな水分補給と散歩はなるべく早朝に行くようにしましょう。

夕方も日が沈んでいるので大丈夫と思いがちですが、日中の暑さがコンクリートなどにこもっていることがあるため、地面近くを歩くわんちゃんにとっては昼と変わらず暑いことも。

 

猫の場合も肉球に汗をかきます。

舐めて体を冷やすこともあります。

猫はもともと犬よりも暑さに強く、犬のように舌を出してハアハアすることはほとんどありません。

ハアハアしている場合は危険な状態と言えます。

家の中で30℃近くなっても平気な顔をしている子もいますが、気付かないうちに熱中症や脱水に陥ってしまうことも。

大丈夫そうに見えてもこまめな水分補給が必要です。

 

もし熱中症になってしまった場合、

・ぐったりしている、ふらふらする

・体がいつもより熱い(犬猫の平熱は38℃~39℃)

・息苦しそう、ヨダレが出る

…などの症状が出ます。

 

涼しい部屋に移動させ、特に首や脇、足の付け根などを重点的に冷やしてください。

落ち着いても突然急変することもあるので、必ず診察を受けましょう。

 

 

 

2019.06.15(土)

梅雨に入りジメジメとした季節になりました。

ワンちゃん達のお散歩も雨だと大変ですね。

最近は、お散歩にレインシューズを履いてる子もいるようです!

 

今日はトリミングに来てくれた子を紹介します。

ミニチュアダックスフンドのソラちゃんです✰

 

 

 

カメラ目線でバッチリ可愛い写真が撮れました。

 

笑顔の写真も撮らせてくれました(^^)/

今日もとってもおりこうさんのソラちゃんでした。

お疲れ様でした。

 

 

 

2019.06.04(火)

2019.05.19(日)

段々と日差しが強くなり、暑さが身に染みるようになってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

今回は、先日シャンプーでいらした豆助くんと、やまとくんをご紹介しま~す♡

  

茶色の毛のやまとくんは、白毛の豆助くんより少しお兄ちゃんでシャンプーが終わった後やまとくんの周りをクルクル回っていました!

やまとくんは真ん中で豆助くんを見守っているようでした(^^♪

また仲良しの2人に会えるのを楽しみにしてま~す♡

 

2019.05.14(火)

長かった寒さもずいぶん和らぎ、ワンちゃん、ネコちゃんも過ごしやすい季節になりましたね。

今日は耳血腫についてお話します。一般的に耳と言われている部分は耳介といいますが、耳介は皮膚と軟骨から形成されており、耳介内の血管が破れ皮膚と軟骨の間に血様液が貯留して腫れあがった状態を耳血腫といいます。ワンちゃんに多く発生しますが、ネコちゃんにも認められます。

基本的に、耳介内の出血は、耳介に強い衝撃が加わることで起きます。多くは、外耳炎による痒みや不快感から耳を掻いたり頭を振ったりすることで起こることが多いです。特に垂れ耳の犬は、頭を振る際に強い衝撃が加わりやすいです。

治療として、耳介内に貯留した液体を針で吸引し、炎症を抑える薬を注入します。一度の治療で治る場合もあれば、複数回治療が必要になる場合もあります。また場合によっては外科的な処置が必要になる場合もあります。

突然、ワンちゃん、ネコちゃんの耳がぷくっと腫れて、気にしている素振りがありましたら、耳血腫の可能性もありますので早めの受診をおすすめします。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 19