お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2023.12.19(火)

昨今の原材料費・燃料費・人件費など国際的なコスト上昇を理由とした

供給価格の値上げにより、現行価格の維持が極めて困難な状況となりました。

つきましては、まことに不本意ではありますが一部の検査項目について2024.1.1より価格改定をさせていただきます。

飼い主様におかれましては何卒これらの諸事情をご賢察いただき

ご理解とご協力を賜りますよう願い申し上げます。

 

また、新しい検査機器の導入に伴い一部の検査項目は院内で実施可能となり、値下げを行うことができましたこのような社会情勢ですが常に適正価格を見直し、皆様に還元できるよう努めてまいります。

 

フローレンスの保育園こども食堂~みんつく東雲~開催のお知らせ(毎月第3、4金曜日) | フローレンスの保育園 | おうち保育園・みんなのみらい ...

アニマルライフサポート

2023.12.05(火)

こんにちは!秋とは思えない暑さの11月が終わり、寒くなってきて冬らしくなりましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は今年当院に導入された血液検査機器を紹介したいと思います

その名もIDEXX社の「ProCytoDx™︎」という機器です。

…と、言われても何なのかな?と思われることでしょう(^_^;)

こちらは自動血球計算装置で、今までも同様の機器はあったのですが、大きく違うのは検査センター品質の精度の高い全血球計算が速くできるのです!

全血球計算は白血球、赤血球、血小板など血液中の細胞成分を調べることで、体の炎症や免疫力、貧血の有無、出血傾向の有無など体内でのわずかな変化を目に見える症状が現れる前に見つけることができます。

白血球数を計算するだけでも獣医師が顕微鏡で血液を見ながらカウンターを片手に100〜200個をカチカチっと数える必要がありました。

しかし!この機械では白血球系だけでなく、赤血球系、血小板を含めた6万個もの血球を2分という速さで計算し分類してくれます。すごい…機械の進化恐るべし。

ただし、機器の検査結果が合っているかは今でも顕微鏡下にて肉眼確認しています。

この機器の導入で更によい医療の提供とお待たせする時間を少しでも減らせたらと思います!

キャットドックやドッグドックでも、こちらの機械を使用して血液検査をしています。「元気だけど年をとってきたから健康チェックしたいな」、「最近ちょっと食欲減ってきたかな?」など気になる方はお問い合わせください。

 

 

2023.11.29(水)

すっかり秋めいてきましたね。

もう蚊はいないからフィラリアのお薬はいらないのかしら?

と思われる方が多いようですのでお知らせいたします。

 

フィラリアのお薬は、

・毎月末頃の方・・・11月末まで

・毎月上旬の方・・・12月上旬まで

となっております。最後の予防薬がとても重要になりますのでお忘れなく。

 

 

 

変わりまして、ノミダニのお話です。

 

暖かい期間はしっかりノミ・ダニ予防されてる方でも

涼しくなり冬の間は、必要ないと思われているかもしれません。

ノミは冬でも家の中など10℃以上あれば繁殖でき、

サナギは環境条件が整わないと、何ヶ月もサナギのままでいて

小春日和の暖かな日に突然羽化し寄生することもあります。

 

 

 

 

一年通して予防される事をお勧めします。

予防薬には食べるタイプと首に付けるタイプがあります。

首に付けるタイプには、3か月効果が持続するものもありますので

秋冬シーズンにお勧めです。

ワンちゃんネコちゃんの使いやすいタイプをお選び下さい。

 

ご不明な点などありましたら、ご相談下さい。

 

 

2023.11.25(土)

少し前までまだ夏の面影があった日も多かったものの、ここ最近はぐっと冷え込むようになりましたね。

こんな冷え込む日は、ワンちゃんやネコちゃんの体温が心地よく抱っこする時間が長くなっている今日この頃です。

 

さて、今日は「ノギ」についてお話しようと思います。

みなさま、ノギってご存じでしょうか?

 

先日、足先の傷がなかなか治らないボーダーコリーのワンちゃんが来院されました。

傷自体はそこまで大きくないのですが、腫れと赤みがひかず腫れているところを押すと傷から膿が出てくる状態でした。

 

 

 

抗生剤や洗浄治療での治りが悪いため、膿が出てきている穴を辿り何か原因がないかをチェックすることとなりました。

穴を辿り状況によっては広く皮膚を切る必要があるので、全身麻酔での処置となります。

 

20kg程度の大きめのワンちゃんでしたが、なんと元の傷の約6~7cm上の方まで穴が続いており、その元にはノギという植物が異物として入り込んでいました!

 

足の皮膚の奥深くから取り出した実際のノギです。

 

 

ノギとは、イネ科の植物の穂の先にある0.5~1.0cm程の刺状の突起のことを言います。

このイネ科の植物はどこにでも生えている雑草です。

ワンちゃんは草むらの中の探検が大好きなので、このノギが足先に刺さった場合には今回のようにどんどん奥に入り込んでしまい、異物となります。その場合、足先の傷が治らない原因となります(ノギを取り除かない限り治りません!)。

 

このワンちゃんは、かなり大きく皮膚を切開した為飼い主様も治りを心配されていましたが、

ノギを取り出し2週間でここまで改善しました!

 

 

外見からはノギが入り込んでいるのは全く見えないため、怖い植物ですよね・・・。

他にも、わんちゃんが鼻先で草むらの中をクンクンすることで、ノギが眼や耳の中に入ってしまう事もあります。

眼や耳の中に入った場合には、急な痛みを伴います。

お散歩後に急に眼や耳をすごく気にするなどがあれば、すぐに病院にご連絡下さい!

 

1 2 3 4 5 6 7 51