お知らせ・ブログ|泉区和泉が丘の動物病院なら、アニマル ライフ サポート 藤沢市からもアクセス良好

  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・電話
  • 泉区和泉が丘・アニマル ライフ サポート・メニュー

2018.12.16(日)

寒い日が続きますね。体調を崩さないように気をつけてください。

今日は犬の子宮蓄膿症についてお話します。

子宮蓄膿症とは避妊手術をしていない高齢ワンちゃんに多く、子宮内に大腸菌などの細菌感染がおこり、膿がたまる病気です。場合によっては子宮破裂による腹膜炎、細菌の毒素による敗血症により死に至るケースもあります。症状は多飲多尿、元気・食欲の低下、嘔吐、腹部膨満など認められます。また開放性の場合は陰部から膿の排出が認められますが、閉塞性の場合には認められません。

身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などによって診断します。症状があり超音波検査において子宮内に液体貯留が認められた場合には子宮蓄膿症の可能性が高いです。治療は手術によって子宮と卵巣を摘出することが第一選択となります。

もしワンちゃんの陰部から膿が出たり、出血がいつもより長く続くなどの疑わしい症状が認められた場合には早めの受診をおすすめします。

 

 

2018.12.11(火)

先日モモにクリスマスプレゼントを頂きました♪

 

とっても可愛いプレゼントです!

 

プレゼントをして頂いたご家族はとても温かな優しい方たちで
いつも可愛がって頂きモモはとても幸せです。

 

早速遊んでましたー!

 

おもちゃから音が鳴ってびっくりしてます 笑

 

 

素敵なプレゼントありがとうございました。

 

2018.11.15(木)

まん丸おめめがチャームポイントなローラちゃんです♡

 

とても人懐っこくてしっぽをプリプリふって近寄ってきてくれます♪

しっぽは先っぽ丸く、足先は汚れやすいのでバリカンでスッキリ短くしています🐾

 

 

先日いただいたお花が満開になりました!とてもきれいですねぇ♪

風邪が流行っていますのでみなさんお体大切になさってください(#^^#)

2018.11.01(木)

今日のトリミングはプードルのココちゃん、クーちゃん、グレちゃんです!

三人ともとても元気いっぱいなワンちゃんです(#^^#)

 

 

カットがお利口さんなココちゃん モコモコでかわいらしいクーちゃん

 

とても元気いっぱいなグレちゃん

 

 

三人ともこまめにトリミングに来ているので、トリミングにもとても慣れていてリラックスしている様子です

またトリミングに来てくれるのを楽しみにしています( *´艸`)

2018.10.21(日)

一度は考えたこと、または経験したことのある愛犬、愛猫との別れ…。

今日はもし、大切な愛犬、愛猫の別れに直面したらどうするか、

また、その前に何をしてあげたら良いのかをお話しします。

 

 

「ペットロス」

聞いたことがある方も多いかもしれません。

大切な家族を失ったときに起こる深い悲しみなどの心の症状です。

抱え込み過ぎるとペットロスになってしまうことも。

また、ペットロスが重症化しやすい大きな原因は「予期せぬ突然の家族との別れ」です。

 

まず一つ目は一人で抱え込まないことです。

あの時ああしてあげれば…。

もっと早く治療していれば…。

自分を責めて塞ぎこまないよう、家族や友人に話して一度けじめをつけると気持ちが楽になるかもしれません。

 

二つ目は火葬を行い、遺品の整理をすることです。

全てを整理するのではなく思い出の詰まったものはもちろん残しておいて大丈夫です。

色々なものが残っていると考えることが多くなります。

けじめをつけるという意味で、しっかりと整理をしてあげましょう。

 

 

次に愛犬、愛猫が入院し、いざその時になったときのために気持ちの準備をしていきましょう。

 

大切なことは「面会に行く」ということです。

入院しているわんちゃんねこちゃんの目が一番輝く瞬間、嬉しい瞬間は、飼い主様が会いに来てくれるときです。

入院中、飼い主様が会いに来た時だけご飯を食べる子や、

飼い主様が病院に入ってきた瞬間に、まだ姿が見えていないのにしっぽを振りだす子。

どの子も見ていて本当に嬉しそうです。

 

また、面会に来た際に、普段とは違う様子や、

この間面会に来た時はこうだったのに今日は違う。など

些細な変化にも気付くことができます。

 

会ったら辛くなってしまい、会うことが難しい方もいらっしゃると思います。

そういう時は無理せず、先生やスタッフにその子の体調など聞いてください。

 

悩んでしまうこともたくさんあると思いますが、飼い主様が悲しい顔ばかりだと本人たちにも伝わります。すこしでもそのお悩みを減らすことが出来るよう、わたしたちでよければ全力でサポートいたします。

あの時楽しかったよね、と笑いあえるような思い出をたくさん作ってあげてくださいね。

1 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 43